トップへ > 柔道部紹介|四大学柔道優勝大会の歴史

四大学柔道優勝大会の歴史

四大学(当校・学習院・成蹊・成城)柔道優勝大会は昭和29年から始まった伝統ある大会です。現在は6月の新人戦と10月の本大会を毎年実施しています。
当校武蔵大学柔道部は長年この四大学大会の優勝を第一目標に日々稽古を積んできています。
開催の経緯は学習院柔桜会の資料に基づき以下のとおり掲載いたします。

(開催の経緯)
地理的に近くにある成蹊、成城、武蔵の旧七年制高等学校と学習院の4校が戦後の学制変更により、いずれも新政大学となった。
昭和25年(1950年)に4校の親睦と交流を目的に第1回四大学運動競技大会が開催された。
第1回大会は野球、陸上、バレーボール、バスケットボール等の種目で開催されたが柔道はGHQより禁止令が出ており参加できなかった。
昭和26年9月8日講和条約締結後に日本の主権も回復し各校の柔道部が復活した。そして昭和29年(1954年)第5回四大学運動競技大会の柔道種目として第1回四大学柔道優勝大会を開催するに至った。

なお 第1回大会からの戦績を別ページにて記載しました。

Copyright © Musashi University Judo-bu All Rights Reserved.